「からだの焦げ」を取るって何!?

「からだの焦げ」を取るって何!?

身体が焦げるってなんだという事ですが、ご存じですか?

amiroidplaque-e1518670162662-1024x535

 

一般的に知られているものといえば、「酸化」というサビのことですが、

抗酸化物質ということで、皆さんもいろんな食物がありますが、

それはご存じかもしれません。

 

ところが、「身体の焦げ」という言葉はまだ余り知られていないのです。

何かというと、「糖化」のことなんです。

 

わかわかしさを失う大きな要因である「酸化」と「糖化」。

「糖化」とは、たんぱく質と余分な糖が結びついて変性・劣化する反応のことで、最終的に「AGEs(糖化最終生成物)」ができて、からだに溜まっていきます。

 

この糖化によるストレスが、若々しさを失うスピードを早め、

肌の衰えや体調不良の大きな要因になると考えられています。

また、体温が関係していることから、「からだの焦げつき」とも呼ばれます。

 

その「焦げつき」を抑制し、AGEsを発生を阻害するというものが発売されました。

「クロガリンダ」

というサプリメントです。ご存じでしたか?(営業ではありませんので・・・。)

 

クロガリンダ トップ

 

認知症の患者さんは、世界の平均の5~10倍という驚異のスピードで

増え続けている日本。

 

「抗認知症・抗糖化素材」として認可された事は、これからの認知症

予防にとっては、すばらしい味方になると思われます。

 

2025年には、1300万人の認定認知症患者さんと予備軍の数になる

ということですが、今から国民一人一人が対策を考えていかなければ

ならない時になっています。どう思われますか?

 

 

ページトップ