認知症のフランス式介護とは?

認知症のフランス式介護とは・・・

2025年には、1000万人に近い認知症患者さんがいる日本。

世界の先進国を比べても10倍近い数の患者さん達で溢れるようになると

いわれています。家族での介護は、心身共に負担が多くあります

さて、この動画では、新しい認知症の介護について紹介されています。

 

 

認知症は、お年寄りの病気であり若い人達には関係がない!

と思われておられるかもしれませんが、とんでもない事実があるのです。

 

一番若い方で、認知症の認定をされた患者さんは何と・・・!

18才です。

 

18才ですよ!私自身も研修で聞いたときは、耳を疑いました。

でも、それが真実なんだと受け入れるしかありません。

 

誰しもが、健康で長生きをしてぽっくりと人生を終えるという事は

本当に願いだと思います。

 

良く母親も、「ころり観音」に行って苦しまずに迷惑かけないように

あの世に行きたいもんだなあと言っていたのを思い出します。

 

もし、ご家族に認知症の症状が見られる方がおられたら、

この動画を参考にして、接してみてください。

 

日本だけではなく、世界の問題としてこれから考えていくことが

認知症患者さんを救うことにもなるのかもしれません。by tanton

 

 

ページトップ