カテゴリー‘医療’

え、膝に注射針!?

え、膝に注射針!?

 

なんと、信じられことが起こりました!

膝に、折れた注射針が残っていたのです。

 

膝痛のSさんは、10数回も来院されていた患者さんで、弟子の弟さんでもある

という厳しい現実の中で治療続けていた。

 

治療したその後の感想は、「楽にはなるが今一なんだな・・・。」

一気にプライドが崩れそうになるが、次の患者さんに気持ちを切り替えないと

治療にならなくなる。

 

そんな、辛く厳しい現実に、何かおかしいぞ!

所見に見落としがあるのかも・・。

 

その患者さんは医者嫌いでもあるので、X-P撮影も余り行きたくないのが

本心のようだが、何とか弟子のお姉さんと共に説得し、整形外科に

行っていただいた。

 

そのまま、診察後は来院して貰いX-Pを確認してみると、膝の所に

小さな金属片がある。

 

以前、転んだときのケガで金属が入った可能性を考えたが、「全くない!」

と一蹴されてしまった。

 

そこは治療家なので、簡単には引き下がらない。

得意の、根掘り葉掘りを続けてみたが、やはり首を縦に振ってはくれなかった。

 

ではどこから?X-Pの見間違いかな?

そこで、初検時に戻って「いつから痛くなったんだっけ?」と言ったら、

「膝が痛くなって、水を抜いたんだ・・・。」

!?

 

「注射針だ!!」

すぐ直感的に思いついた。

 

すぐ、今行ってきた整形外科の先生の診断書を開けて確認してみる。

(普通は、医師同士なのではっきり書く事はあり得ないだろうけど・・・。)

不安ながらも期待はしていた。

 

「金属片が確認される。」

「注射針の疑いがある。」

 

Sさんの診断書

 

うわあ!凄い!

思わず、弟子のみんなと共に歓声を上げてしまった。

 

すぐ戻って病院を紹介して貰い、摘出しないと危ないと直感が急がせる。

針が動いていると、血管をさまよい心臓や肺等の臓器に刺さると危険なので

摘出しないといけないので、病院しかない。

 

夕方遅くに弟子の姉さんから、「来月7日に手術になりました。」

と連絡があって一安心した。

病院で、再度精密にX-Pを撮ったら動いてはいないようなので、

緊急は避けられたようです。

 

信じられますか?

こんなことが現実にあるなんてどう思いますか?

 

 

*JMC日本手技医療研究会では、これからJMC独自のCRI(頭蓋リズム調整法)

の普及に努力を重ね、認知症予防の研究に頑張っていきます。

 

東京都民が認知症!?

 

すみません、ちょっと驚かせてしまいましたが

2025年には、認知症の認定患者と予備軍が1300万人

(東京都の人口は、1385.8万人)になるのです。

 

食べ物や、ストレスの度合いも考慮して、お互い予防に気をつけましょう!

 

 

マイルドドラッグって砂糖!?

マイルドドラッグ!砂糖の恐怖!?

今日は、少し前から指摘されるようになった、マイルドドラッグ!について書いてみます。

 

専門医が指摘しているマイルドドラッグとは、何か?

そして、日本人の50%がマイルドドラッグ中毒になっているのはご存じですか?

日本テレビ「ザ!世界仰天ニュース」で以前放映されました(溝口先生も出演)が、

「麻薬中毒のような甘い物の恐怖」をご覧下さい。

 

「マイルドドラッグ」と言われるのは、

砂糖、塩、化学調味料、炭酸飲料、ジャンクフードなど、脳に直接的においしい

と感じさせる刺激的な食材です。

 

それではちょっと貴方の「マイルドドラッグ」の中毒度をチェックしてみましょう。

1.イライラすると甘いものが欲しくなる。(中毒の初期)

2.食事の時に、最初に白米から食べ始める。

3.カレーライス・丼物・ラーメンライスが定番。

4.無性にチョコレートを食べたくなる。

5.ハンバーガー・ドーナツをよく食べる。

6.何にでも醤油をかける。

<「砂糖」を止めれば10歳若返る! 白澤卓二著を参考>

 

白米は、砂糖そのものです。

まずは、白米を減らすか思い切って玄米にするかの対策をお勧めしたいですね。

 

特に、乳幼児の頃から食べ始めると確実に中毒体質が出来上がってしまいます。

自然の食材を食べる習慣をつけましょう!

 

「からだの焦げ」を取るって何!?

「からだの焦げ」を取るって何!?

身体が焦げるってなんだという事ですが、ご存じですか?

amiroidplaque-e1518670162662-1024x535

 

一般的に知られているものといえば、「酸化」というサビのことですが、

抗酸化物質ということで、皆さんもいろんな食物がありますが、

それはご存じかもしれません。

 

ところが、「身体の焦げ」という言葉はまだ余り知られていないのです。

何かというと、「糖化」のことなんです。

 

わかわかしさを失う大きな要因である「酸化」と「糖化」。

「糖化」とは、たんぱく質と余分な糖が結びついて変性・劣化する反応のことで、最終的に「AGEs(糖化最終生成物)」ができて、からだに溜まっていきます。

 

この糖化によるストレスが、若々しさを失うスピードを早め、

肌の衰えや体調不良の大きな要因になると考えられています。

また、体温が関係していることから、「からだの焦げつき」とも呼ばれます。

 

その「焦げつき」を抑制し、AGEsを発生を阻害するというものが発売されました。

「クロガリンダ」

というサプリメントです。ご存じでしたか?(営業ではありませんので・・・。)

 

クロガリンダ トップ

 

認知症の患者さんは、世界の平均の5~10倍という驚異のスピードで

増え続けている日本。

 

「抗認知症・抗糖化素材」として認可された事は、これからの認知症

予防にとっては、すばらしい味方になると思われます。

 

2025年には、1300万人の認定認知症患者さんと予備軍の数になる

ということですが、今から国民一人一人が対策を考えていかなければ

ならない時になっています。どう思われますか?

 

 

光免疫療法が「AERA」に!!

「AERA」3/11号に光免疫療法の特集が・・・!

 

「AERA」3/11号に載っていたのですが、昨年(2018年3月)から

国立がん研究センターの東病院で、第1相の臨床試験が始まりました。

 

国立ガンセンター東病院

 

第1相の臨床試験はすでに終了しているという事ですが、最初の臨床試験

は安全性と体内での動きを調べるというもので、それは日本人にも影響はなく

安全性なは問題はないと結果が報告されているということです。

 

土井俊彦副院長

 

同病院の副院長土井俊彦医師は、

「日本での第1相は安全性ということだけだが、アメリカで確認された研究効果

を否定するものはない。」ということを話されている。

 

 

これからの課題は、全部のガンにどう対処すればいいのか、そしてガンという

病気の撲滅にいち早く使われるようになるといいのだが、期待したいですね。

 

 

ガン、光免疫治療法にSBIも参加!!

ガン、光免疫治療法にSBIホールディングスが

楽天アスピリアン社に出資!315億円の調達!!

 

前回も書いた話題ですが、「来年の東京オリンピックまでに完成か!?」

と世界中のガン患者さんが期待されている光免疫治療法です。

私の治療家仲間や知人もガンの診断を受け闘っていますが、皆さんも周りにも

おられるかもしれません。

 

 

昨年は、特にガン治療でノーベル賞の本庶 佑医学博士が話題となりましたが、

この光免疫治療法は、更にどれだけのガン患者さんに希望の光を与えてくれるのか

本当にいち早い完成を願っています。

 

ただ、残念ですが必ずといっても良いほど未知の物には批判の声が出てきます。

島国根性の妬みか、それとも・・・。

 

良い物であればあるほど、いろんな否定論者が出てきてそれぞれの意見を

ネット上で論評するのですが、悲しいことでもありそれが現実なのですね。

 

残念ながら、日本では亡くなられている方が増え続けているガン。

2025年には、1300万人の患者数を予想されている認知症。

 

私たちの健康に対する考え方も、手遅れになる前に予防という対応をしていく

事が必要な時に来ていると思います。

 

ガン、光療法ニュース!

ガン、光療法についてのニュースです!

がん光免疫療法 「楽天アスピリアン」にSBIが出資 総額315億円調達
毎日新聞

1

がん光治療治験の仕組み
 近赤外光を使ってがんを治療する「光免疫療法」の開発に取り組む米製薬ベンチャー「楽天アスピリアン」(三木谷浩史会長)は20日、新たに1億3400万ドル(約150億円)の資金を調達したと発表した。三木谷会長が経営する楽天のほか、インターネット金融などを運営するSBIグループが主に出資した

 今年夏までの調達と合わせ、総額2億8400万ドル(約315億円)を調達したことになる。この資金をもとに、現在実施している治験を通じて光免疫療法の事業化を目指す。

 光免疫療法は、がん細胞の表面にくっつく「抗体」に化学物質を付けた薬剤を投与し、患部へ近赤外光を当てることによって、がん細胞だけを破壊する治療法。米国立衛生研究所(NIH)の小林久隆主任研究員が開発した。同社は今月、他に治療法のない再発頭頸部がん患者を対象に日米欧など10カ国で、この治療法の国際共同治験を開始した。

 同社の三木谷浩史会長は「光免疫療法が持つ可能性への確信が強まり、追加の資金調達を実施することにした。がんが人の命を脅かすものではなくなる日まで研究開発に突き進む」、SBIホールディングスの北尾吉孝社長は「楽天アスピリアンを支援できることを大変うれしく思っている。光免疫療法の可能性を強く信じている」と、それぞれコメントを発表した。【永山悦子】

ガンを治す奇跡の治療法!

ガンを治す奇跡の治療法!

 

今回もガンという病の話ですが、ニュースでも有名人の

名前が出てくると本当に怖い、死と直結するような病と

誰しもが感じていると思います。

 

ガンは治せる!!

 

その言葉を言えるときが、もうすぐやってきますよ!

治験的には、日本国内でも始まっており、もしかしたら

オリンピックあたりまでにと期待されています。

ここで、友沢四郎様の動画を観て欲しいと思います。

 

 

どうでしたか?

期待が大きくなりますね。

 

ただし、皆さんにお願いしたいのは、無料ではありませんし全ての病院で

行える治療法でもないかもしれません。

 

まずは、予防ということを第1に考えて生活をして欲しいと思います。

「予防に勝治療なし」ですね。

でも、本当に早く患者さんのために使えるように祈るしかありません。

 

認知症のフランス式介護とは?

認知症のフランス式介護とは・・・

2025年には、1000万人に近い認知症患者さんがいる日本。

世界の先進国を比べても10倍近い数の患者さん達で溢れるようになると

いわれています。家族での介護は、心身共に負担が多くあります

さて、この動画では、新しい認知症の介護について紹介されています。

 

 

認知症は、お年寄りの病気であり若い人達には関係がない!

と思われておられるかもしれませんが、とんでもない事実があるのです。

 

一番若い方で、認知症の認定をされた患者さんは何と・・・!

18才です。

 

18才ですよ!私自身も研修で聞いたときは、耳を疑いました。

でも、それが真実なんだと受け入れるしかありません。

 

誰しもが、健康で長生きをしてぽっくりと人生を終えるという事は

本当に願いだと思います。

 

良く母親も、「ころり観音」に行って苦しまずに迷惑かけないように

あの世に行きたいもんだなあと言っていたのを思い出します。

 

もし、ご家族に認知症の症状が見られる方がおられたら、

この動画を参考にして、接してみてください。

 

日本だけではなく、世界の問題としてこれから考えていくことが

認知症患者さんを救うことにもなるのかもしれません。by tanton

 

 

PIT!奇跡のガン治療とは!!

PIT!奇跡のガン治療とは!!

 

また大袈裟な題で受けをねらって・・!と思われておられる方が

多いと思いますが、その奇跡が2020年7月ぐらいに、日本に

やってくるかもしれませんよ。

 

という事を言っても、今までもいろんなガン治療が発表されて

いますが、中々ガンの種類や患者さんの体力によっても

差が出て80%や90%の方に効果があるというものは皆無と

いう状況ですね。

 

さて今回のガン治療の話は、その疑問を一掃するような方法で

やる治療法ですが、ここにその動画を載せてありますので、

治療の未来を身近に感じて貰えればと思います。

 

 

どうですか?信じられますか?

次は、近未来の医療を実させるお二人の科学者を観てください。

 

 

平均寿命の伸びと共に、医療費の増大が叫ばれていますが、

これからの課題は、このような未来の医療の完成を喜ぶと共に、

常に予防も考えて真に必要な患者さんに使っていただけるように

していく事が大切に思います。

 

 

それでも治療が先ではなく、予防に力を入れていく事でこの日本の医療を

未来の子供達が引き継いでいけるようにしなければなりません。

 

団塊の世代という名称を頂いた私達の世代ですが、ガンだけでなく

認知症も含めて、まず食生活の見直しから健康を考えて行く必要が

あります。

 

予防の大切さを、今一度考えていつまでも末永く健康でいられる

ように努力していく事しかありません。お互いに頑張りましょう!

 

 

免疫療法の副作用とは?

免疫療法の副作用とは?

ということですが「え、何?」という感じだと思われます。

 

「オプジーボ」の画像検索結果

 

今ニュースで引っ張りだこの本庶先生ですが、この「オプジーボ」

は、ガンの万能薬だと思われてしまっている方が多くおられ、

問い合わせが物凄い数になっているということです。

 

まずは、どんな薬でも効く物には副作用はあります。

天然のものであれば、それほど副作用は心配はいらないと思いますが

薬は必ずあります。

 

11

特に「オプジーボ」は、免疫に関するものなので自律神経がコントロール

しているものなので、弊害はあります。

今現在どんな副作用が出ているのかというと、肺炎や大腸炎ということです。

 

なぜそうなるかというと、免疫が強いとリウマチのように自分の関節を

敵と勘違いして攻撃したり、内臓に炎症を起こさせてしまいます。

 

ですから、本当に一時的に使用するだけの薬と考える必要がありますね。

自然い免疫を強くするのであれば、玄米のLPS(リポポリサッカライド)

などがベストと思います。

 

もう少し研究が進めば、素晴らしいものになると思われますが・・・。

 

今は特に、無菌や除菌がはやされていますが、そのことが逆に炎症反応を

引き起こしてしまうことになるのです。

 

 

本庶先生が研究した「PD-1」という分子は、免疫の抑制に働くということで

そのような炎症反応を起こさないようにブレーキをかけさせる働きをしている

のですが、それを「オプジーボ」で抑制をかけないようにしたら、リウマチ症状が

身体中に起こる可能性もあります。

 

これから研究が進み、自律神経とともに抑制する働きが調整できるようになれば、

本当の夢の薬になるかと期待したいですね。

 

 

ページトップ